スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギアチェンジ

スコアアップするためには、これが一番大事だと思ってきました。
最近、この本を毎日2~3回分ずつ解きはじめました。

イ・イクフン語学院公式厳選ドリル〈VOL.1〉TOEIC TESTリーディングPart7イ・イクフン語学院公式厳選ドリル〈VOL.1〉TOEIC TESTリーディングPart7
(2011/12)
イイクフン語学院

商品詳細を見る


時間測って解くと、正解ゼロが多いです。
その後、時間制限なしで解いても、8割くらいしか正解にならないです。
語彙がむずかしいような気がします。
これをやった後に、公式問題集見ると、ものすごい簡単に感じます。公式よりはむずかしいですよね。
 と、思ったら153,154のところを見てた。勘違い?

こういうのをやってみて、やっぱり、本番で間違えるにはそれなりの理由があると思ったので、それをしっかり突き止めて、しっかり対策できるかがスコアアップできるかのカギですね。
しばらくというもうずっと、本番となるべく近い時間配分でやリ続けて、『できない、できない』の感覚を味わってひたすら慣れるまでやってみます。

そのためには、今までのダラダラから抜け出してギアチェンジできるかがポイントだと思います。
最初は、苦痛でも日課になったら、そのペースが当たり前になってくるはずだから、そこをイメージしてやっていこう。
スポンサーサイト

Huw much が大事

昨日、Tommyさんのブログにリンクされていたラジオを聞きました。
masamasaさん?が「やり方よりHow Much」と言われていたのが強烈に印象に残りました。

やり方は、石井先生のレッスンで習ったやり方で公式問題集のPART3、4、7を中心にしばらくやってみようと思いました。PART7だけは、一日1パッセージ解くのを日課にしてみます。
PART2、5も忘れないでやらないで練習しないといかんですね。
音読、暗唱、シャドーイングもやってみようとみます。
『力試しで、今まで模試を解いてみる』っていうやり方をとってみます。
とにかく、どの練習をやるにしても『なんで、本番でできてなかったか?』を意識してそこを強化する練習か大事ですよね。

体力強化のトレーニングみたいに、『シンドイ』思う負荷をかけたトレーニングをやらないと、TOEICのスピードに余裕でついていける英語力はつかないような気がしてきました。

今まで、(ほとんど)一回もこのタイプの練習をやってこなかったんだから、ある程度の量をこなしたら、スコアアップにもつながってくるんだと、思ってやってみます。

『なぜ、できない?』を意識して、そこを強化するのが大事ですよね。

第174回TOEIC AM(Abilities Measured)

10月のアビメが来てました。

TOTAL 780 L385 R395

L 72 94 95 72
R76 89 71 81 88

Rは、はじめて全部70を超えました!
900を目指すには、まずボトム(一番底)を80台にもっていかないといけないですよね。
60台がなくなっただけでも、目標に一歩近いづいたとちょっとだけ自信になりました。


ブログ再開のお知らせ

先日は、この前のように記事を書いてしまって、申し訳ありませんでした。

コメントいただいた方とある方にいただいたアドバイスでようやく吹っ切れたので、またブログ再開します。今後ともよろしくお願いします。

11月のTOEICが終わってから、さぼりがちになってしまっていました。
900点突破のカギは、勉強のペースを作ることだとおもうので、なんとかそれを目指したいです。
勉強のペースを作ることができれば、スコアは上がっていくだろうと感じています。
一番、足りないのは、問題を解くスピードだと思ってます。

最近は、3年半前にTEX加藤さんのブログにコメント書き込みしたときに
『公式問題集の音読』するといいとアドバイスいただいたのを思い出して、公式問題集の音読をやってます。

公式問題集を音読して、知らない単語を金フレを辞書代わりに調べてます。

中村澄子先生のセミナーを受けてからおなじみになっていたこととはいえ、びっくりするくらいほとんどそのままの表現が金フレに載ってることが多くておどろかされてます。

vol3-1で、pivotalという単語がわからなかったから、金フレで調べてみたら、ある単語の同義語として載ってました。
そして、この問題の設問をみたら、pivotalの同義語が出てるじゃないですか。

ほかにも、profileという動詞の単語が意味がわからなかったら、金フレ見たら、ほとんど同じ表現で載ってました。

テスト問題はいつもほとんど覚えてないけど、こういうのを見ると、やっぱり公式問題集からそっくりの問題がでてるんだなーって、気づかされます。

できれば、公式問題集まるごと覚えるくらいのつもりで音読をやってみようと思います。

それと、合わせて、スコアアップのためには、力試しで問題集を時間を測ってやる練習をやらないといけないですね。楽な方に流れやすくて、『時間を測って問題集を解く』練習をいままではほとんどやってなかったです。

来年は、なんとか900台に乗れるようにトレーニングをやっていきます。

今後の当ブログ継続可否の意見投稿願い

11/26追記:
このタイトルの記事を書きましたが、この記事にコメント頂いたかたの励ましとある方のアドバイスでふっきれたので、本日からまた新しい記事を書いていくことにしました。
どうか今後ともよろしくお願いします。


11/24追記:
先日、ある方にあまりにも衝撃的なメッセージを受け取ったので、急きょこの記事を立てました。
ブログ継続するかは自分で決めることですが、ぜひご意見お寄せいただけると幸いです。
予想外に多くの暖かいコメントいただいているのとコメントを頂いて、
はじめて気づかされることが多いのにすごく感謝しています。
1/1からまた新しい記事をスタートさせていただきたいです。
記事は書かないけど11月テスト結果は、分かり次第プロフィール欄にアップします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ある方から私の重大な指摘をされるメッセージを受け取りました。
この記事を書くのも辛いのですが、もし当ブログをやめるなら、その前にけじめをつけておきたく投稿しました。

詳細は書けませんが、おそらく私が

『その方にしくこく嫌がらせをしている』『頼むからもうやめてくれ!』

と言われているメッセージでした。具体的な内容は、よくわからない部分がありました。

それは絶対に過剰反応だと感じました。
どうしてそうなってしまったのか?思い当たることを、この記事の下の方に書きます。
そのメッセージの文面から、事の重大さを感じて、もうこのブログは閉鎖しようかと思いました。

でも、ブログをやってみてせっかくTOEIC勉強をするやる気が出てきてこれからという時なので、
もしこのブログの継続応援を応援してくださる方がいらっしゃるなら、
せめて目標達成までは当ブログをひっそりとでも継続していきたいです。


そこで、当ブログを継続してほしい!などご意見ありましたら、コメント欄にでもお寄せいただきたいです。
もし、出しづらい場合は、隠しコメントでお寄せいただけると幸いです。

12/31まで、読者の方の反応を待ってみて、応援してくださる方がいない場合は、当ブログ閉鎖して退場します。

もし継続する場合も、もう二度とそのような反応をされることはないように精進します。

当ブログ継続の可否がはっきりするまで、新しい記事は書きません。

--------------------------------------------------------

最初の方に書いたような反応をされてしまった理由かもしれないと思い当たることを、以下に書きます。

私の場合ブログの記事を書いていて、『拍手もコメントも付かない』と、異常なくらい孤独感を強く感じてしまいます。それは今でも、ずっと強くあります。
それで、アップした後に何回も推敲して修正することがかなり多くありました。

また、ブログの左側に『最新コメント』を出すところがありますが、あまりにも異常なくらいそれを気にしすぎるから、もう非表示にしようかと悩んだりしていました。

こういった気持ちが異常なくらい強くあって、そう受け止められたかもないことをしていたことはあったかもしれないと感じています。
でも、冷静に考えてみても、『嫌がらせと受け止められる』のは過剰反応だと感じています。
それを見たときは、動揺して、しばらく仕事が手につかなくなっていました。

 11/25追記:
 最初は、こう思ってしまっていましたが、「そう受け止められてしまうことをしてしまった」のが
 問題だと気づいて、メッセージいただいた方に深くお詫び申し上げます。

ご意見お寄せいただけると幸いです。

ガムシャラに

昨日までごちゃごちゃと、書いてみてタイトルに書いたものが一番欠けてるんだと思いました。

  熱意。熱意。熱意。

最初は、TOEIC900点取ったら会社で英語を使う勉強をはじめようと思ってたけど、そんなに甘いもんじゃなかったなーと思いました。

その前に、
全力で努力しました!って胸はって言えるくらいの勉強はしてないから
つべこべ言わずに、まず全力を出し切るのが大事ですね。
他の方のブログを見ていて、はっきり言って、”そんなにまで悔しがれるまで努力した!”とか試験が”緊張する”とか”本番前のピリピリ感”とかは、今までは全くゼロでした。

だから、読んでて、ものすごい違和感がありました。

まずその醍醐味のひとかけらでも味わえるくらいの努力をしてみたいです。



『スコアを見れば、本気で努力できたかどうかがわかる』っていう視点をもって、
”とにかく全力で訓練すること”を目標にやってみます。


高校のときに英語はかなり一生懸命に勉強した時に、入学した時は学年300数十人中100番くらいだった代々木模試とか河合模試とかの対外模試のスコアが、3番とか4番まで上がったことがありました。
その時の模試にリスニングはないしスタイルもちがうからTOEICとは比べられないですね。
でもその時の経験があるから、本気になってやれば900も意外に早く取れるのかもなって思ったりしてます。


『全力で努力しました!って胸はって言える』だけの何分の1~数10分の1くらいの努力しかできてないのが今の実際です。今はだめな自分だけど、来年には目標達成を。
つべこべ言う前に、本当に本気になってやるのが大事!

早くも来年の抱負を書いてみました。

考えなくてもできるまで訓練

11月のTOEIC受けてみて、TOEICって受験力も大事だけど英語力が上がったらスコアも上がっていくんだろうな、そうしていかないといけないな、って強烈に思いました。

そういう狙いでこのテストは作られてるはずだから、それに合わせた力をつけていけないですね。
---------------------------

普段は、いまは仕事で英語を使うことはなくて、PCのプログラムつくるソフト開発したりしてます。PCでトラブルとかあったら、すぐ呼び出されたりして会社の中ではかなりPCに詳しいほうです。

こんなのができても、まだまだ給料アップに結びついてないから意味ないなーとは思うけど、コツは英語学習には応用できるんだろうなーと思うから、書いてみてなんとかスコアアップにつなげたいです。
2つコツがあって、誰にも話したことはないけど、このコツに気づいてこの考え方でいつもいつも考えるクセがついてから、『ソフト開発』と『PCのトラブル解決』は一気にグンと能力上がって、会社の中で「・・・君だったら、できそうだ」って言われるレベルに上がりました。

---------------------------
ソフト開発するときは、いきなり複雑なプログラムつくろうとしたら、なにをやろうとしてるのか?わからなくなってくるから、つくる前に必ず全体の流れをメモ帳とかに書き出しておきます。

次に、それぞれの機能の一番コアになるところだけを順番に作って動かしてみて、「あっ、動く、動く」っていうふうに動作確認しておきます。英語でいえば、SVOCとかの5文型ですね。

それができたら、そのコアのプログラムに肉付けしていったり、そのプログラムを組み合わせて全体をつくりあげていきます。
---------------------------

PCのトラブルや作ったソフトが動かないときは、結果から逆算して考えていきます。
『こんな現象が出る』っていうことは、こういう現象のトリガーになるのはどういうことがあるだろう?ていうふうに、ソフト開発するときと逆のプロセスをたどって、結果から逆算して頭の中にプロセスを組み立てていていきます。この考え方のクセがついてから、原因の切り分けしたりほとんどのことは自力でなんでも解決できるようになりました。

---------------------------
1月からこのオンライン講座 を受けようかなって思ってます。
この講座の中で、上に書いた考え方は演繹法と帰納法っていう考え方で紹介されてたから、かなり的を得た考え方だったんだなってちょっとだけ自信がつきました!

英語もおなじですね。
中村澄子先生のセミナー受けたり、900点特急とか文法特急解くと、問題解いてるときは構文がまったくわからなかったのに、解説を聞いたり読むと、鮮やかに文法がわかって「さすがに大人気の先生だなー」と舌を巻くことが多かったです。

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6
(2011/09/07)
加藤 優

商品詳細を見る


1駅1題  新TOEIC TEST文法特急1駅1題 新TOEIC TEST文法特急
(2009/10/07)
花田 徹也

商品詳細を見る


高校の時から、もうずーっと前からわかってたことだけど、
英語は所詮5文型にいろんな文法がくっついてるだけなんですよね。

それなのに、構文が複雑になると未だに、どんな構文か見失って、意味がとれないことが多いです。
でも、11月は、900点特急のおかげで、PART5で構文がすぐわかったような気がしてます。
何回も何回もやって、『いちいち考えなくても、できるように』なるまで訓練していくのが大事ですよね。
このトレーニングやるのも、PART7を余裕で時間内に終わるようにするためのポイントかなって思ってます。

”苦しい勉強はやらない。苦しいトレーニングはやらない”
”頭でっかちで、トレーニングはゼロ”


ていうダメーなクセがついて、肝心のトレーニングができてなかったです。

来年は、なんとか900台に乗せて、スコア飛躍の年にしたいです。
思ってるだけじゃなんにも変わらないから、人生を前に進めるためにはちょっとくらい苦しくてもがんばってトレーニングやるのが大事ですね。

第175回TOEIC振りかえり

いつもどおり、どんな問題が出たか?はほとんど覚えてないので、TBRとブログ巡りしてみて感想をかいてみます。

IndeedとThereforeのどっちかを選ばせる問題、Thereforeを選びました。文の意味を読んでる時間なかったし、Indeedの単語の使い方も知らないし今度はあきらめるしかないですね。
whitinを選ぶ問題も間違いました。

a major(undertaking)は、undertakingを選んだけど、正解だったんですね。石井先生の単語本に載ってたのと、金フレにも載ってたから、選べました。TBRで、解説を聞いたとき、「ああ、そうそう、そう思ってこれを選んだ」と思ってほっとしました。いつも思うけど、ほんのごくごくたまにでも、テスト中に思った事と同じことを上級者が言って解説してるとうれしくなって安心しますよね。

昨日は、テスト終わって帰ってきたら、ヘトヘトに疲れて気がついたら眠ってて、昨日もTBRほとんど聞いてなかったです。TBR聞くのは、スコアアップの秘訣みたいだから、次に受けるテストから録音しといて次の日にでもきいてみようと思います。


TBRで強烈なインパクトあったのは、3年くらいに500点後半くらいだったときのことでした。
TBR聞いてたら、出演者のTEX加藤さんと花田先生やモリテツさんから
「シチュエイティッド、シチュエイティッド、シチュエイティッド」っていわれてた解説がいまだにものすごい頭にこびりついてます。

・・・
(英文は、問題の再構築にあたりそうな気がしたので削除しました)
とかいう文だったんだなー、ってその解説聞いて、テスト中のことを強烈に思い出しました。

そう思ってたら、ウーゴのUnit87に、そっくりの文が出てますね.さすがです!

新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義 [CD付]新TOEIC TEST ウルトラ語彙力主義 [CD付]
(2007/04/25)
神崎 正哉

商品詳細を見る


金フレにも714に出てますね。
文法特急にもあった気がしてます。
スコアが伸び悩んでるのは、せっかく良い教材があるのに、活かしきれてないからですね!

こんなふうに、テスト中の問題の記憶はほとんどないのに、TBRで聞いた日本語だけは強烈に頭に残ってテスト中のことを強烈に思い出すことが多いです。
このあたりが、リスニングが弱い理由かもとおもったりしてますけどどうでしょう?

英語のまま聞いたり読んで、頭に印象が残るようにしていくのも、中級車じゃなくて中級者、上級者に上がるためのひとつの登竜門な気がしてます。

第175回TOEIC受験

今日のTOEIC受けてきました。
フォーム29で、またマイナー。ヘトヘトに疲れました。

Lは、PART3、4がはじめて「あ、公式のあのストーリーだ」って場面が浮かぶようになってきました。
PART1が、金フレで見たのと同じ文の写真がたくさんあった気がしました。
Rは、最後のDPが3問か4問塗り絵。DPに入ったのは、14:38だったのに、それでも塗り絵になりました。
あのボリュームの長文を読むと、まだ心がへし折られそうになります。修業が足りないです。
まず塗り絵をなくすのが大事ですよね。
「でる模試」のTEST1の換算点が、640点だったから600点台に逆戻りかなって心配したけど、「とりあえず700は超えただろう!」ていう手ごたえで安心しました。
12月は地方(九州)にはないから、次は1月受けます。
来年から目標クリアするまで、4月と12月以外の8回は受けようと思います。

それとこの本は、すごいですよね!!!

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ
(2006/12/21)
ロバート ヒルキ、ポール ワーデン 他

商品詳細を見る


ちょっとやっただけで、強烈に効果テキメンそうでした。
つぎの1月のテストまで、この本とヒルキ先生の講義とツウクンさんにいただいたアドバイスのトレーニングをひたすらやってみようと思います。


模試を解くとたたきのめされるけど、最近、受けた公開テストの2回の感触は、今までと違って、次のステージに上がれそうな手ごたえをつかんできました。
ここで、本当の実力にして実際にスコアアップして次のステージに上がれるかが踏ん張りどころだと思います。

今後のブログ更新

これまでの記事書いてみて、
「”記事を書いただけで、実行ゼロ、トレーニングゼロ”なんて、最悪だ。これから、どうしようかな?」とずーーっと考えてました。

なので、これからは、基本的にしっかり自分なりにトレーニングやれたと思うときだけに、記事を書くようにしていってみようと思います。

そしたら、今までのままだと記事書くのが月に2、3回になりそうです。ブログ更新の頻度でどれだけ頑張ったかがわかるから、これからしっかりトレーニングするきっかけになっていいですよね。

アドバイスコメントやブログ訪問してコメント書き込んだ方の記事とかでものすごいパワーをいただいたので、2,3日に一回か毎日ブログ更新できるくらいは、頑張れそうな気がしています。他力本願ですみません。。ネット時代になってなくて孤独でやってたら、とっくにスコアアップはあきらめて挫折してました。

----------------------------------

昨年、11月まで、このオンライン講座を受けてました。


その中に、ロバート・ヒルキさんの講座 がありました。

最近、「この本がいい」って教わって、すごいネットの評判が良かったのを思い出して、ヒルキ先生の講座のPART3、4、7のとこを見てみました。

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ
(2006/12/21)
ロバート ヒルキ、ポール ワーデン 他

商品詳細を見る


「これは、良い!!!こんなに分かりやすく解説してくれるなんて!こんなに良いとは知らんかった!!」ってすごい感激しました。
でも、『ロバートヒルキさんは定評があってすごい実績があるんだから何かあるんだろう?何だろう??』と思わなきゃいけなかったんですね。
ネットで調べたら、アルクが出してる730点目指す人向けのDVDをアルクと提携してオンライン講座に追加したものみたいです。part3、4、7のこの講座の内容をなんとかトレーニングに取り入れて、スコアアップにつなげたいと思います。

努力してないのは棚に上げて、スコアが伸び悩むと、すぐあきらめがちです。
ゴール(目標スコア)にたどり着くまでの道をしっかり頭に描いて、着々と努力するのが大事ですね。

できれば、毎日に近いペースで、ブログ更新できるようにトレーニングしたいです。

今後の学習

いままで、ずっとスコアが伸び悩んでた原因は、
(1)ついダラダラなって、苦痛な勉強、苦痛なトレーニングはしない
(2)我流に走りすぎてた
この2つが大きいのかなと思ってます。

ハイスコア取られてる方や短期間でハイスコアに上がられた方の勉強法を見てると、今までの自分がやったことがなかったトレーニングを共通してされてるのに気づきました。

①音読
②Lの先読み
時間を測って、問題や模試を解く
④本番と同じ環境(練習でもマークシート使う)でトレーニングする
⑤解いた問題は、徹底的に復習する


大きそうな理由だけでもこれだけありました。

特に、①音読と②先読みは、何が良いのか?いまだにさっぱりわからないです。

でも、皆共通して、「良い」といわれているので、その秘密を解くプロセスの中にスコアアップの秘訣があるんだろうと思うので、それを追及していきたいと思ってます。
訪問させていただいた方のブログコメント欄に質問するかもしれませんが、お答えいただけると幸いです。

来年は、なんとかスコア飛躍の年にして、900台に乗れるようにしたいです。

第174回TOEIC結果

今日は、風邪で会社を休んだので、すぐ更新します。(12:30)
PCアドレスにアクセスしようとしたけど、アクセスできないから、主催協会に電話して問い合わせてみたら、「今エラーがでてるんですよ。お急ぎで確認したい場合はモバイルからどうぞ」とのこと。

アドレスを聞いてさっそくアクセスしてみました。

TOEIC174.png

昨日やった模試の640点を見たときは、愕然として凹んでもうTOEICやめようかと思いました。
でも、10月の結果を見て、ちょっとは勉強の成果が出てきてるんだと思ってほっとしました。

ブログに訪問いただいた方、拍手いただいた方、コメントいただいた方のおかげでモチベーションが上がったおかげです。ありがとうございます!!

絶望感

実力なさすぎて落ち込みました。

新TOEICテスト でる模試 600問新TOEICテスト でる模試 600問
(2012/11/04)
ハッカーズ語学研究所

商品詳細を見る
この模試のTEST1をやってみた。

実力どおりとはいえ、がっくり。

L 59問(295) R 70問(345) TOTAL 640
PART1 8問 PART2 23問 PART3 15問 PART4 14問
PART5 36問 PART6 7問 PART7 27問

途中で投げ出したくなった。
900どころか800もムリな気がしてきた。
明日の結果発表も600台に逆戻りかな。
このままだと1週間後の公開テストもだめだろう。
どうしたらいいんだろう?
実力はどうやったらつくんだろう?

気を取り直して、頑張ろう!

→ まずは、「あれだけやったのに」って言えるだけの努力をやってから落ち込むべきですよね。

励ます力

きのうの記事を書いてみて、「今、TOEIC本番が拷問みたいになってるんだ!」って気づきました。
特に、最後のRのあと5分でこんなに問題がある、ムリだ!と思ったり、「あと何分、あと何分」ってプレッシャーがかかるのは、苦痛でたまらなくて本番のときしか味わってなかったです。
しばらく本番と同じプレッシャーを味わうためにも、時間を測って問題集とか模試やるトレーニングやってみます。

------------------------------------------------------------------------

12月までこのオンライン講座受けてます。
その中に千田潤一先生のセミナー2時間がありました。
内容は、たぶんTOEIC600~700点を目指す人向けだけど、トレーニングの内容より千田先生の言葉を聞くと励まされて元気が出ます。
セミナーの最後で紹介されてた詩を聞くと、感激して今の自分に決定的に欠けてるものだとおもいました。
差し障りないと思うので、千田先生のコメント書き出してみます。

「私の一番大事にしてる詩をちょっと読んで終わりたいと思います。
 これ『夢』という詩なんですけれども、実はこれ社会人になった私の長男に送った詩なんですね。
 
『夢のある人には希望がある。
  希望のある人には目標がある。
  目標のある人には計画がある。
  計画のある人には行動がある。
  行動のある人には結果がある。
  結果のある人には反省がある。
  反省のある人には進歩がある。
  進歩のある人には夢がある』
 
という詩です。
 
一生懸命やって損することって何にもないですよね。
 夢中になるととんでもない結果出ますよね。
 夢中って漢字でどう書きますか?・・・」


最高に良い詩だと思います。
今までの自分には計画もないし、反省も活かせてないからダメなんだと思いました。
このオンライン講座も受講料高いのに活かしきれてないから、千田先生のセミナーの中の元気が出る言葉、励ましの言葉をくり返し言い聞かせて、頑張ってみようと思います。
今は、昨日までみたいな記事書いても、書いただけで終わってて実行ゼロに近いから、これからですね。
「これから」「今日は仕事で疲れたから、やるのはまた明日」のセリフが10年続かないようにします。

拷問に慣れる

スコアアップのためには、時間を測って問題集とか解くのが大事かなとおもってきました。

そう思って、今持ってる本も使いきれてないのにこの本買ってみました。

新TOEICテスト でる模試 600問新TOEICテスト でる模試 600問
(2012/11/04)
ハッカーズ語学研究所

商品詳細を見る



今の実力以上のペースで解くと、拷問みたいな苦しさはあると思うけどそのペースに体を慣らしていけば、それが自分の中で普通になってくるんだろうな、と気づきました。

これは自分で気づいたんじゃなくて、高得点者の方のブログや受けたセミナーとか本でこんな感じの記事やコメントを見かけることが多かったです。言い方はちがうけど、たぶんこんな意味じゃかなと思いました。今まで、時間を意識してトレーニングしたことがなかったのもダメだったかのかなと思いました。

今、自分のペースで読んだり聞いたりしてると、TOEICのスピードについていけてないのが800台に乗れない一番の理由かなと思います。

高得点者や定評がある講師の方は、さすがに高得点を取る(取らせる)だけのノウハウを知ってるなーと、伸び悩んでみて、実感してきたので、ちょっと方法や考え方をマネしてみるのを意識してトレーニングをやりたいと思ってます。

楽なほうに流れすぎて、「なんとかしよう」っていう必死さや一生懸命さがなさすぎるのが、一番の伸び悩みの原因な気もします。毎日、ぼやくだけじゃなくて、なんとかしたいです。

こうやって書いてると、モチベーション上がってきそうなのブログ更新は、900超えるまでは毎日続けてみます。訪問くださっている方、ありがとうございます。すごく励みになってます!

ペースをつくる

10年前に入社してからずっと会社で嫌なことが続いたり、ブログとかでも「自分はだめだなー」と思うことが多くて、さっさとこんなブログはやめようかと最近、思ってました。
でも、会社のことは、所属部署の部長に相談して以来よくなりそうな兆しが出てきました。

あきらめがちのTOEICの伸び悩みは、冷静に原因を調べていくと、

「あのスピード、あのボリュームの苦手パターン(PART3、4、7)の問題を解くのは、テスト本番の日だけしかない」

というわかりやすい事実に気づきました。

結果になって、見えるくらいまで、苦手パターンの練習を集中的にやって量をこなすのが大事ですよね。
中村澄子先生のセミナーで、「ある程度量をこなさないとパターンが見えてこないんですよ!」とくり返し言われて、山のような配布プリントが配られて解いたのを思い出しました。
石井先生のレッスンでも、リスニングの練習で、同じパターンの英文のリスニングをくり返しやってると、パターンが見えてきて、その時だけは目に見えて上達してきたのがわかりました。それが定着して、しっかり実力になるまで、同じパターンのトレーニングをやり切れるかがポイントですよね。

現実から目をそらさないで、冷静に原因を調べて手をうっていくのが大切ですね。

苦しいときが一番の踏ん張りどころで、ここから先、上のステージに上がれるかどうかは精神力を試されていると思います。別に会社の人は誰もTOEICスコアなんて気にしてないけど、勝手にこう思って自分を励まして頑張ります。
やることやってないのに、あきらめるのはもったいないし
「あの時、あきらめらなくてよかった!」と思える日がくるのを目指して頑張ります。

苦手パターン調べ

今日も本格的な学習はできなかったです。
今日の夜からどうしようか考えてみます。疲れててもやりきるヤル気と集中力が勝負ですね。
これからは、こんな時でもブログだけは、毎日更新していってみます。

究極の模試 TEST1をやってみて、アビメがひどかったL4の15問と、R3の10問の問題番号を書き出してみました。
本番のテストでも、いつもこれのアビメが悪いから、どんな問題で落としてるか?なんで落とすか?なにがダメか?を公式問題集とかやって調べながら、トレーニングにつなげていきたいです。

実行がついてこないと、こうやってどんなに書いてもむなしい遠吠えになります。
自分を奮い立たせる意味でも、こうやってこれからは毎日ブログの更新だけはします。

実は訪問くださっている方がいらっしゃるというのが一番の励みになっています。
今後ともよろしくお願いします。


スヨン本

仕事から帰ってくると疲れてほとんど勉強できませんでした。
それでも毎日、なんかやろうと思って、この本のドリル001~004をやってました。
ユ・スヨンのブレークスルー990 TOEIC TEST 語彙・熟語・コロケーション1000問ドリルユ・スヨンのブレークスルー990 TOEIC TEST 語彙・熟語・コロケーション1000問ドリル
(2011/07/30)
ユ・スヨン

商品詳細を見る


10分かかって、全問正解。ずっと前にやって答え覚えてるから実力じゃないですね。
音読して、口になじませてみます。

やっぱり、毎日ちょっとずつでもなにかやって学習記録を更新していってみます。

ブログを書くのは、孤独に感じてしまって、このブログはある日突然ピタッとクローズするかもと思ってます。

悔しいから、せめて860取るまでは続けるかもしれないとも思ってます。
悔しいと思えるくらいがんばるためにも、毎日学習記録を残していってみます。

究極の模試 TEST1

昨日、この本のTEST1をきっちり2時間測ってやってみました。
出来は本番よりちょっと悪いけど、びっくりするくらい本番とそっくりのアビメの傾向がでました。
さすがですね。
ここまで精密にアビメを出してくれる模試はなかなかないと思うから、大事に使ってみます。

しばらく解説は読まないで週末に平日のトレーニングの成果を測る意味でもまたくりかえしやっていってみます。

テスト結果は、こんな感じでした。

L:76問(385)
  PART1 9問
  PART2 25問
  PART3 20問
  PART4 22問

R:70問(330)
  PART5: 34問
  PART6:  9問
  PART7: 27問

ということは、715。・・実力どおりです。
正直、心が折れそうにはなったけど、一回でも800を超えたことあるんだから、まあこれから頑張れば上がる見込みはあるんですよね?

アビメを計算してみたら、ほんとにびっくりしました。

  L1:84%
  L2:85%
  L3:86%
  L4:63%

  R1:53%
  R2:84%
  R3:39%
  R4:79%
  R5:85%

この前の9月テストのアビメの形とそっくりです。
同じような問題で同じように間違えてるってことですよね。
どんな問題で間違える傾向あるか調べて、トレーニングに活かしてみます。

PART7は、150番台、160番台、170番台、・・と進むにつれて、正解数が5問、7問、6問、5問、4問とどんどん少なくなってました。
読む量が増えると、読む力がないってことですね。

答え合わせしたときは、心が折れそうにはなったけど、ここまで細かくアビメとか正解数を分析して、対策したことは今まで一回のも事実だから、気を取り直して、一番低いところの棒グラフを右に寄せるのを目標にやってみます。



追記:

究極の模試は、最初に6月くらいに、TEST3をやってました。
L63問(335)、L65問(330)で、665でした。
そのときも、本番より50点くらい低くでてました。
解説読んだら、まだやってなかったTEST1とTEST2がどうだったとか、書いてあって「最悪だ、やっぱりTEST1からやればよかった!」って後悔しました。
その時に比べれば、50点アップしたんだから、よしと考えないといけないですね。

TEST2は、まだ手をつけてないから、これをやるときはほかの問題集とかTEST1をくり返しやって、トレーニングの成果を試すつもりでやってみようと思います。

オンライン英会話

オンライン英会話でアドバイスもらったコメントを忘れないうちに書き出します。
英語のコメントをそのまま書き出せばいいけど、今の実力じゃムリですね。日本語で書き出します。

 ①話すときは、ゆっくり話したほうがいいよ。特にbeginnerの場合は。
  速いスピードで話そうとしたら、相手も速く話すから。
  それで理解できるなら、速く話せばいいけど、理解できる?
  自分がゆっくり話したら、相手もゆっくり話すから。

 ②話すときは、できるだけ簡単な単語で話そうとしたほうがいいよ。
  日本語から英語に置きかえないで、話せるようにするためにね。
  日本語と英語は、言語の構造が違うからね。
  

背伸びしないのが大事ですね
まだまだダメだけど、最悪は、コミュニケーションができればなんとかなるんですよね。
TOEIC700台のレベルじゃ、あんまり早くしゃべられると理解できないですよね?
PART3、4がダメな理由は、このあたりにありそうです。スピードについていけないんだ。
仕事で英語を使うことは今はゼロだから、こういうのも活かさないといけないですね。

力を出し切る

最近、書いてみて、力を出し切ってないことに気づきました。
苦手パターンに手をつけてない、量もこなせてないです。

まずは、力を出し切って出し切ってそれが、突き抜ける量をこなせるのを目指してみます。

極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 7 (イ・イクフンのstep by step講座)極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 7 (イ・イクフンのstep by step講座)
(2009/12/14)
イ イクフン

商品詳細を見る


買っただけで、身になってない本がたくさんあるから、それをこなしてみて力を出し切るのを目指してみます。

『コツをつかめて、量が実力アップに変わったときにスコアがアップする』イメージですよね。

英語のまま理解のクセ

最近、この本で音読の練習やってます。

新TOEIC TEST正攻法で攻めるパート7読解問題 音読と文法の復習で実力アップ ([CD+テキスト])新TOEIC TEST正攻法で攻めるパート7読解問題 音読と文法の復習で実力アップ ([CD+テキスト])
(2010/12)
小石 裕子

商品詳細を見る


なかなかコツをつかむのがむずかしいけど、英語を英語のまま理解できるのを目指してやります。

上達のためには、自分で考えて工夫できるかどうかがカギですね

「あきらめない」を言い聞かせてやってみます
プロフィール

fuji

Author:fuji
30代、男性。熊本県在住。
つい楽な方に流れてできてないけれど、これから集中して
TOEIC900点突破を目指して頑張ります。

TOEIC公開テストスコア
(2011年からの分)
2011/01 685(L355 R330)
2011/05 740(L365 R375)
2011/07 675(L350 R325)
2011/09 735(L380 R355)
2011/10 690(L370 R320)
2011/11 760(L390 R370)
2012/01 805(L415 R390)
2012/03 760(L375 R385)
2012/05 705(L355 R350)
2012/06 725(L325 R400)
2012/07 760(L395 R365)
2012/09 760(L375 R385)
2012/10 780(L385 R395)
2012/11 785(L380 R405)
2013/01 785(L395 R390)
2013/03 765(L380 R385)
2013/05 750(L360 R390)
2013/07 775(L395 R380)
2013/09 790(L390 R400)
2013/10 790(L400 R390)
2013/11 765(L405 R360)
2013/12 10分遅刻(。´Д⊂)
2013/1  815(L435 R380)
2013/3  申込済

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。