スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンス、いやピンチ

いきなり、仕事で英語を使う機会がきました。いや伏線は昨年からあったな。海外展開はしてるけども、8割以上の社員が英語ができない会社にいて、社内通訳が必要な場面が多いそうです。猶予期間は3か月。前の部署の部長に「スピードさえつけば遜色ないと思うんだけど」と押してもらえて仕事のチャンスが回ってきました。いったん、部署内で「あいつはダメだ!」って悪い評判があがったら、この部署には「必要ない人」てらく印押されて、どっかに飛ばされるからかなりピンチ!でもあるので、必死でチャンス掴んでみようと思います。

客先の前に出て訳したり、上層部のカンファレンスコールの通訳、翻訳がメインの仕事らしいです。
楽天とかユニクロみたいに社員それぞれが英語を使えるようになれば、こんな仕事する人は要らないのかな、とは思うけど下っ端だからそんな疑問は関係なしです。目先の仕事を掴めるようにやろう!
今までのTOEIC勉強みたいな気だるい感じで勉強してたら絶対アウトだと思ってます。
今年も年8回TOEIC受けようかと思ってたけど、2回は福岡まで行かないと受けれないから奇数月だけの受験にしてその浮いたお金をオンライン英会話とかにつぎこみたいと思います。

スポンサーサイト

通訳者との実力差

最近、通訳者が教える英語力アップ講座 中級 という講座を受講してビデオを見て学習してます。

講師(通訳者)の方のお手本の実演を見て、「これは、すごいよ!!!こんなのできるようになるんだろうか?」と思いました。

石井先生に受けた1日レッスン で、 「TOEIC900点は、プロへの登竜門。900点取ったら、2軍のベンチに入るかもしれないんですよ!」といわれたのが、ああなるほど、これのことか!と強烈に実感しました。

たぶん、まず900点は取らないととてもとても太刀打ちできないんだろうと感じました。

講師の方が、ビデオの中で

「よく通訳をしていると、
”よくそんなに情報が聞き取れますね!”とか
”聞き取れない単語なんて、ないんじゃないですか?”と
お客様に言っていただくことが、実はあるんですが、・・・」

と前置きをして、講義内容の解説をされているところがありました。

今の実力は、間違いなくそのお客さんと同じ側にいると思いました。

TOEIC900点が、お客さん(お金を払う側)からプロ(仕事としてお金をもらう側)に変わるターニングポイントだと実感しました。

その実力差を埋めていくのが、今の学習とかトレーニングだという位置づけで、日々のTOEIC勉強に励みます。
プロフィール

fuji

Author:fuji
30代、男性。熊本県在住。
つい楽な方に流れてできてないけれど、これから集中して
TOEIC900点突破を目指して頑張ります。

TOEIC公開テストスコア
(2011年からの分)
2011/01 685(L355 R330)
2011/05 740(L365 R375)
2011/07 675(L350 R325)
2011/09 735(L380 R355)
2011/10 690(L370 R320)
2011/11 760(L390 R370)
2012/01 805(L415 R390)
2012/03 760(L375 R385)
2012/05 705(L355 R350)
2012/06 725(L325 R400)
2012/07 760(L395 R365)
2012/09 760(L375 R385)
2012/10 780(L385 R395)
2012/11 785(L380 R405)
2013/01 785(L395 R390)
2013/03 765(L380 R385)
2013/05 750(L360 R390)
2013/07 775(L395 R380)
2013/09 790(L390 R400)
2013/10 790(L400 R390)
2013/11 765(L405 R360)
2013/12 10分遅刻(。´Д⊂)
2013/1  815(L435 R380)
2013/3  申込済

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。